出会いを掴み取る方法

待ってるだけでは出会いは訪れません。掴み取りましょう。

婚活はいつから始めるべきか?

結婚相手を見つけるべく、結婚相談所やお見合いパーティーなど様々な方法で異性と出会い、お相手探しをしていく活動が婚活です。婚活という言葉が広く知られるようになってきましたが、改めて婚活にはどのような方法があるのか、婚活市場における問題点、また婚活を始める時期はいつ頃が良いのか?について調べてみました。

現代は結婚しづらい時代

昔は親が決めた相手とお見合いをして結婚するのが一般的でした。中には恋人のような存在がいるにも関わらず、強制的にお見合いをさせられて結婚する事になった人達もいますが、基本的には親が決める相手なら間違いないと考えられていた時代です。

その後、時代は変わっていき、女性の社会進出に伴って結婚も恋愛結婚が主流になってきました。学生時代から交際していた相手や職場で出会った相手と結婚する人が増えていき、次第に親や親戚、知人から勧められるお見合いの存在も薄くなりました。

結婚願望がある人がみんな恋愛をして、結婚が決まっていくのが理想です。しかし現実は厳しく、結婚したくても結婚出来ない人もたくさんいるのです。例えば性格上の問題で、人見知りで異性と話すのが苦手な人は、気に入った相手がいても積極的にアプローチする事が出来ません。

また以前は男性はほとんど定職に就いていましたが、今は派遣やパート、アルバイトで収入を得ている人も増えています。自分の収入では家族を養う事が出来ないからと、経済的な負い目から結婚を考える余裕が無いケースもあるのです。

出会いが無いなら自分で探すしかない

婚活を意識するようになるのは、周りの友達や知人が結婚していく時、または結婚適齢期を過ぎた頃になります。結婚したい時に特定のパートナーがいれば、後はパートナーの気持ち次第となりますが、問題はパートナーがいない場合です。

社会人になると、なかなか出会いが無いのが現実で、同じ職場や取引先に結婚相手として意識するような相手が全くおらず、毎日が職場と家の往復だけで異性と知り合う機会が皆無という事もよくある事なのです。ただ出会いが無いからと言って、愚痴をこぼしていても仕方ありません。

突然理想的な相手が都合良く現れる可能性はほぼ無いと言えます。そして出会いが無い人こそ、積極的に婚活に励むしか無いのです。これは昔は異性から人気があったとか、恋人が途切れた事が無いというタイプの人も例外ではありません。

昔の栄光から「いつか結婚出来るはず」とのんびり構えていると、その間にもどんどん理想の相手は結婚していき、年齢とともに結婚のチャンスも減っていきます。

婚活には様々な種類がある

最近は婚活の種類も増えてきました。人によって合う方法と合わない方法があるので、自分が活動しやすい方法でお相手を探していくようにします。まず婚活の王道とも言える存在が結婚相談所です。仲人やアドバイザーといった出会いのプロがフォローしてくれるので、奥手で消極的なタイプも安心です。

また希望条件に合致した相手と知り合う事が出来るので、結婚相手を探すという意味では理想的なツールとなります。続いて、お見合いパーティーも古くから人気があります。結婚相手を探している男女がホテルなどの会場に集まって交流するパーティーで、一度に多くの異性と出会えるというメリットがあります。

費用も結婚相談所に比べてリーズナブルなので、肩ひじ張らずに気軽に参加できるのが魅力です。そして人気急上昇中なのが婚活アプリで、パソコンやスマートフォンがあれば誰もが自由に登録出来ます。仕事が忙しくて婚活に励む時間が無いという人でも、寝る前や通勤中など空いた時間にお相手探しが出来るので、効率良く活動する事が出来るのです。

費用も安く全国から広い範囲で探せるのがメリットですが、安全面などサイトによって違ってくるので、真面目な出会いを期待するなら登録するアプリも慎重に選ぶ必要があります。もっと自由に婚活したい場合は、合コンや街コン、異業種交流会、社会人サークルといった方法もあります。

婚活という名前がついていないので、婚活目的以外で参加している人も多数存在します。あまり婚活を意識し過ぎたくないタイプにおススメで、程よい雰囲気で異性と交流できるので、まずは友達関係を築いて、そこから恋愛関係に発展していく事が期待出来ます。

婚活市場における年齢の問題点

婚活市場において、最も大切なのが年齢の問題です。特に女性は出産のタイムリミットが控えているだけに、男性は相手の年齢を気にする傾向にあります。1歳の差でも非常に大きく、29歳なら候補に入るけれど30歳になると対象外とされる事もよくある話です。

つまり、どれだけ容姿や性格に自信を持っていても年齢には勝てないのが現実なのです。

もちろん年齢は女性だけの問題ではありません。出産は関係ないから男性ならいつでも良いという訳ではなく、男性も若い方が好まれる傾向にあります。40代後半になって自分より10歳以上若い女性と結婚したいと考えても、よほどステータスの高い男性でなければ、まず選ばれる事はありません。

さらに同世代の女性とお付き合いしたいと思っても、女性もアラフォー・アラフィフ世代になると自分より若い男性を条件に入れる人も増えてくるため、条件が合致する事が難しくなっていきます。

⇒婚活ブロガー、ミリーさんに学ぶ!

婚活をいつ始めるべき?

婚活はいつ頃から始めれば良いのか?という点ですが、結論から述べると、婚活に興味を持って始めたいと思った時が始めるべき時期です。人それぞれ結婚したくなる時期には違いがあり、大学を卒業した時点で結婚願望を持つ人もいれば、40代に入ってようやく結婚に興味を持つ人もいます。

20代前半で結婚するのは早いという印象を持つ人も多いですが、年齢は若ければ若いほど結婚出来るチャンスが多く残っているのです。結婚適齢期や適齢期を過ぎた頃になると、迷っている時間も勿体ないです。「まだ自分には早すぎるかも」と婚活を先延ばししていては、それだけ年齢を重ねる事になり、本来なら出会えるべき相手とも出会えなくなってしまいます。

そして迷っている間に仕事が忙しくなったりすると、いつしか婚活する気力も失われてしまうのです。もし少しでも結婚したい気持ちがあるならば、1歳でも1日でも早く始めるのがベストです。

運悪く成就出来ないケースもありますが、やらない後悔よりやった後悔の方が後々悔いも残りません。

関連リンク『婚活パーティーイベント